大阪市平野区 プラスチック容器石鹸ケース 化粧品容器 製造加工販売のヨネプラ

36.ゲート(樹脂の入り口)形状の種類によって何かあるのですか?

Pocket

それぞれに長所や短所がございます。s_1ca0236

サイドゲートは一般的なゲート方式で金型製作費用面でも有利です。反面製品にサイドゲートが残ったまま生産しますので、後でカット処理などが必要になり、その処理痕などが残る可能性が大きくなります。

フィルムゲートはサイドゲートの樹脂の入り口をフィルム状にしてカットなどの後処理を目立難くする方法ですが、樹脂の入り口が細い為に圧力が必要になり、バリやヒケなどの金型の負担が大きくなります。

ピンゲートはサイドゲートと並んでポピュラーなゲート方式で、量産時に金型が開いて製品を取り出すと同時にゲートを切り離す方法ですので、後処理が必要無い事が多く、製品の安定度も大きいと思います。

反面、名称のごとくピン状の細い入口ですので、フィルムゲートと同じく圧力や充填不足などの為に金型負担が大きくなる成形になります。

トンネルゲートはピンゲートなどで対応出来ない場合などに製品の横にゲートを付ける方式で、ピンゲート同じく生産と同時に切り離します。

後処理が楽になりまが、横に付ける為、極端に弱い金型ゲート口の為ゲート口が広がりやすく、不具合になる可能性が大きくなり、ピンゲート同じ不具合もあります。

ホットランナー(ランナーレス)はランナーを溶かした状態にしてランナーを出さない方式ですので、ランナーと言う不要なモノが発生しないので、非常に優秀なランナー方式になります。

反面費用が高額になり、ランナー自身を溶かしたままにしますので、量産数量が大きくないと反対にロスが増大します。

以上のように一長一短があり、量産数や 必ず発生しますので、商品なった時に目立たたないかなど十分に検討する必要があります。

そのほかにも容器で困っていることがございましたら、どうぞご相談ください。 メールでの問い合わせもお待ちしております。

よくあるご質問(1~10)

よくあるご質問(11~20)

よくあるご質問(21~30)

よくあるご質問(31~40)

よくあるご質問(41~50)

よくあるご質問(51~60)

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6791-2121 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

よくあるご質問

最近の投稿

ISO9001取得

PAGETOP
Copyright © 株式会社ヨネプラ All Rights Reserved.