大阪市平野区 プラスチック容器石鹸ケース 化粧品容器 製造加工販売のヨネプラ

55.プラスチックへの着色でどこまでキラっとした輝く色が表現できますか。(2016年)

  • HOME »
  • »
  • 55.プラスチックへの着色でどこまでキラっとした輝く色が表現できますか。(2016年)
Pocket

プラスチックへの着色では、輝く色目の表現は限度がございます。

現時点では、金色であれば、黄色と黄土色の範囲、銀色でれば、灰色と白いろの範囲でキラっとする着色剤で輝きを表現しております。

その色は板になりますが、ご確認頂いてご了承頂ければ、生産対応いたしますが、それでもご納得頂けない場合は、成形後の2次装飾加工になります。

真空メッキや塗装などの工程で、本当に金属感のある綺麗や発色の輝くを表現できますので、一度ご相談ください。

kincp mekki

左)プラスチックへの着色で金色を表現。       右)真空メッキで金色を表現。

※プラスチックの種類によっては表現が多少変化しますので、ご相談ください。

そのほかにも容器で困っていることがございましたら、どうぞご相談ください。 メールでの問い合わせもお待ちしております。

よくあるご質問(1~10)

よくあるご質問(11~20)

よくあるご質問(21~30)

よくあるご質問(31~40)

よくあるご質問(41~50)

よくあるご質問(51~60)

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6791-2121 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

よくあるご質問

最近の投稿

ISO9001取得

PAGETOP
Copyright © 株式会社ヨネプラ All Rights Reserved.